麺家 神明「新・家系らーめん」

皆様に「麺家 神明」をもっと知って頂きたい!

クリーミーとんこつラーメン
神明自慢・臭みのないポタージュのようなこだわりスープの秘密


こだわりのスープ・麺・チャーシュー

濃厚でクリーミーかつクリア(臭みのない)なスープ&ガッツリと食べごたえある横浜直送の中太麺を使用。老若男女幅広い層の方に食べて頂けるように試行に試行を重ね、臭みのないクリーミーで食べやすい「とんこつラーメン」が完成しました。今まで豚骨を苦手としていた女性の方からも大変ご好評頂いてます。


こだわりスープの秘密

3年半かけて開発した「神明とんこつ」は畜産大国鹿児島県のスープ工場で自社ブレンドとして出来上がります。

食肉工場に隣接するスープ工場で採れたての丸骨など新鮮素材を長期冷凍せず、超新鮮なまま釜全体が超高温になる蒸気釜を用いて抽出・乳化させること10時間。出来立てアツアツの濃厚クリーミースープを特殊包装にて真空し、最新の冷凍装置(スパイラルフリーザー)で急速冷凍。マイナス20℃以下の最高の状態でお店に運ばれてきます。何もかもが新鮮なので特有のいやな匂いがありません。

すべてが自社開発・自社ブレンドです、店炊きでないのはこの新鮮さを味わっていただくための工夫と結果です。よくある工業系スープやインスタントスープとは全く異なります。

新鮮な素材と厳格な衛生管理・加工・流通にこだわり抜いたからこそできる、特有の臭みがないクリーミースープです。


麺家 神明の歴史

天白区島田橋「丸平ラーメン」から(先代が)のれん分け。


昭和45年

昭和52年

平成13年
平成19年


平成20年
平成21年
平成22年
平成25年
平成27年
平成28年
平成29年
中華麺大府市月見町にて軽トラックを改造した屋台からスタート。
店舗化、改装3回行い現在の店舗になる。屋号はなくテントラーメン・大府高校ラーメンなど呼ばれていた。
屋号を「味匠神明」とする。
二代目店主が神奈川・藤沢の有名家系ラーメン店にて修業し横浜(家系)ラーメンを新メニュー「神明とんこつ」導入。屋号を「麺家神明」とする。
味匠神明名和店・横根店閉店、本店大府店に一本化。
ランチ営業スタート。
創業40周年。新メニュー「黄金つけ麺」導入。
「クリーミー担々麺」導入
創業45周年。「麺家神明 とよた店」「麺家神明 大府半月店」オープン。
6月名古屋栄スカイル店、同7月阿久比店、同8月安城店オープン
全国うまいもの祭り2年連続出店・東海テレビ感謝祭2年連続出店・FMAMラジオ局出演多数。

創業48年目の古い店ですが創業当時からのメニュー(中華そば・関東煮・牛すじなど)を進化・継続させながら、 時代にあったメニューを毎年出し続けています。


お客様の声

神明とんこつ

  • ・とんこつラーメンでも博多ラーメンとは全く違うおいしさですね。
  • ・臭みがなく女性でもイケる、スープがとてもクリーミーでした。
  • ・トッピング(とろとろチャーシュ・極太メンマ・うずら卵・白ネギ・ほうれん草・大判海苔3枚)が豪華!
  • ・もっちりした中太麺でボリュームに満足(麺150g)です。

神奈川淡麗系中華そば

  • ・創業当時から変わらない屋台の味ですね![店長より:ご年配の方に人気、小さいお子様にも安心なやさしい味です。]
  • ・毎日食べられる、さっぱり・あっさりしてもコクがある美味しさです。
  • ・やさしい美味しさですね。
  • ・すき通ったスープなのに魚介が濃厚で美味しいです。